私たち女性の理想のプロポーションは、胸が出ていて、ウエストはくびれていて、ヒップがキュッと上がっていて、ふくらはぎが細いということに異論はないんじゃないでしょうか?

極論を言えば、このプロポーションでいるなら体重が何キロでも構わない。

私自身はそう思います!

 

でも、現実は食事制限などのダイエットを頑張ってみても下半身の脂肪はなかなか落ちないのに、胸は簡単に小さくなる。。。

ご飯を我慢しているのにセルライトが落ちない、そんな経験ありませんか?

 

確かにダイエットを頑張れば体重は落ちますが、プロポーションが悪ければ誰も気が付かず

「あれ?また太った?」

というセクハラ発言を受けることも。

 

実は下半身痩せはそれほど努力は必要なくて、正しい方法を真面目に実行するだけです。

ということで、今回は下半身痩せのために絶対に守ってほしい以下4つの事を解説していきます♪

  • 水分をとる
  • 食生活を見直す
  • 骨盤の歪みを矯正する
  • ストレッチ

下半身痩せを実現するポイントは血流を改善させることです!

数か月後成功したらスキニーを履いて楽しんでくださいね。

水分を摂る

下半身痩せの近道は血流を改善させることです。

血流が滞っている状態はむくみ、セルライトの原因になりやすく特にウエスト、ヒップ、脚についた脂肪がなかなか落ちてくれません。

そのため、体内ではきれいな水分が滞りなく巡回している必要があります。

体内にきれいな水分が巡っている状態にするには新鮮な水分を補給してください。

 

下半身痩せのために1日の飲む水の量は2~3ℓを目安としてくださいね。

別に水は水道水でも構いません!

お酒を控える

水分を摂るのが必要と言ってもアルコールは良くありません。

ストレス発散だったり付き合いでお酒を辞めることは難しいと思いますが、もしあなたが下半身デブでお酒が好きなら量を減らすとか飲まない日を作るなどの努力は必要です。

お酒は利尿作用が強く、水分が体外に排出されてしまいますからね。

お酒を飲んだその日の夜や翌日にのどが渇きます。

だから水分を摂りますよね。

この時の水はいつも以上に美味しく必要以上に飲んでしまいます。

そうすると血管から余分な水分が漏れてしまってそれがむくみ、セルライトになってしまうんです。

ということでお酒の飲みすぎもあまりよくないので量を減らすなど意識してください。

糖質制限ではなく血流を悪くする塩分と脂質を控える

あなたが下半身デブで悩んでるなら塩分と脂質を抑えた食生活を心掛けてください。

糖質もできれば控えたほうがいいですが、ほどほどに。。。

糖質は体内に脂肪分を蓄積する性質を持っているので、ダイエットの天敵であることは間違いありません。

ただ、私自身糖質制限を頑張ったことがありますが胸の脂肪が落ちてウエストから下の下半身はほとんど変わりありませんでした。

 

あなたが日常生活で「糖質をかなり摂ってるなと」自覚しているのであれば少し抑えた方がいいですが、

極端な糖質制限は長続きしないし下半身痩せにすぐに効果を出すわけでもないので普通で構いません。

 

下半身痩せのために気を付けたい食生活は、塩分と脂質を控えるということです。

塩分が多い食生活を続けていると、体は水分を体内に貯蓄しやすくなります。

水分が体内にたまりやすくなる状態は、血流が悪い状態でむくみやすくなり、それが最終的にセルライトの出来上がりです。

 

また脂肪分も同様に血流の流れを停滞させます。

脂肪分が体の脂肪を生み出すというのもありますが、下半身痩せのためには血流を改善させることが先決です。

血流さえ改善できれば、基礎代謝も上がり体内の余分な水分が体外へ放出されますからね。

 

繰り返します。

下半身痩せをするにはまず血流を改善することが第一です。

折角水分を多く摂っても溜まってしまっては良くありません。

その為に見直すべき食生活は、塩分を控えめにする、脂質を抑えるということです。

また、体内の塩分を輩出する働きをもつカリウムを意識的に摂るのもいいですよ。

カリウムは、わかめ、ひじき、海苔などの海藻類に多く含まれてます。

塩分、脂質を控えめにするってそれほど難しい食生活じゃないですよね?

骨盤の歪みを矯正する

下半身痩せのために必要なこととして一番難しいというか厄介なのが骨盤の歪みです。

下半身デブで悩んでる人のほとんどは骨盤が開いている状態じゃないでしょうか?

特に出産後のママさんの下半身デブの原因は殆ど骨盤の歪みに問題があるのかと思います。

関連記事:出産後の骨盤矯正で知っておきたい2つの事

 

容姿がそのまま仕事になるタレントさんやモデルさんが出産後もキレイなプロポーションを維持できるのは、まず骨盤矯正から始めるからだと聞いたことがあります。

それくらい下半身痩せのために骨盤矯正の重要性は高いということです。

 

骨盤は、上半身と下半身をつなぐ大切な部分で、骨盤が開いていたり左右にずれているなどすると周辺の筋肉が固まった状態になってしまいます。

骨盤周辺の筋肉ってウエスト、ヒップ、背中、太ももとかなり重要な位置なんです。

骨盤周辺の筋肉が固まった状態になると結果として血流が悪くなってしまいます。

とくにウエスト、ヒップ、脚のむくみやセルライトが付きやすいことになります。

関連記事:産後に骨盤ショーツを履く効果と危険性を徹底解説!

 

骨盤のゆがみはすぐ対策すべき!

骨盤の歪みがもたらすものは下半身デブだけじゃありません。

姿勢も正しい状態じゃないので、猫背になったり肩こり、腰痛といいことは一つもありません。

今まで骨盤の歪みがなかったのに妊娠と出産を通じてママさんのほとんどは骨盤が歪みます。

ただ、この場合は自然と骨盤が元に戻ることが多いんですが、なるべく早く骨盤を矯正したい場合は出産後6か月以内に対応することがおススメです。

 

また、妊娠も出産もしてないけど骨盤が歪んでる人は一刻も早く骨盤を矯正してください。

骨盤を矯正するだけで劇的に下半身痩せできたということもあるくらいです。

骨盤矯正はストレッチやヨガなどもあるので時間やお金に余裕がある人はいいかもしれませんね。

私が実践して最も手軽でリーズナブルだった骨盤矯正は骨盤ショーツです。

関連記事:【痩せない?】90日間クビレニスタを履いて下半身痩せを検証

 

ストレッチをする

下半身痩せに必要なこととして最後に運動を挙げます。

運動と言ってもトレーニングジムへ行ってハードな運動をする必要はありません。

 

水分を摂って、塩分と脂質を控えめにした食生活を意識して、骨盤を矯正したらほとんどの場合は下半身痩せが出来ると思います。

それでダメな場合は、あなたのお腹や脚の筋肉量が極端に落ちてる又は硬くなってる可能性があります。

ストレッチで適度に筋肉をつけて柔らかくすることで下半身痩せの効果が劇的に向上します。

まとめ

以上、下半身痩せに必要なこととして
①水分を摂ること、お酒の量を控えること
②塩分、脂質を控えた食事
③骨盤矯正
④軽めの運動

これは大変なことじゃないのでぜひ実践してほしいと思います。

期間は長くて3か月程度!